小児歯科

小児歯科

幼児、園児、児童を対象に、虫歯治療だけでなく、徹底した予防治療(フッ素・シーラントなど)に重点を置いています。

乳児の虫歯の治療について

写真

乳歯はいつか抜けてしまう歯です。だからといって虫歯の歯を放っておいてはいけません。
特に歯と歯の間の虫歯は、きちんと治さなくては永久歯のはえる位置が狂って、歯並びが悪くなってしまいます。

乳歯は治療を完全にしない場合があります

どうして?

 大人でも、麻酔や機械で歯を削ったり、神経をとるような治療をするのは、かなりの恐怖を伴います。小さな子供ではなおさらでしょう。子供の時に歯の治療に対してあまり強烈な恐怖心を植えつけてしまうと本当に必要な治療の時に、拒絶反応を示してしまい、その後の治療に支障をきたしてしまうことにもなりかねません。
 ですから、乳歯の虫歯はできるだけ子供に痛みとストレスを与えない方法で行い、年齢に応じた処置を行います。

たとえば

 虫歯を削っていて歯の神経に届きそうな時は、虫歯を完全にはとらず、神経に届く手前で削るのをやめて、つめものをします。そのまま痛まなければ、うまく永久歯とはえかわっていきます。もしつめものが取れたり、また虫歯が痛み出したりしたら、その時に神経の処置をします。ぎりぎりまで待って、仕方のない状態になるまでは、なるべく痛くない治療で終わらせます。

解説

歯の基礎知識6才臼歯は永久歯です

写真

幼稚園の年長さんが、小学校1年生になる頃に乳歯は下の前歯から、生え変りを始めます。ほぼ時を同じくして下の写真の矢印の所あたりに萌出して来る歯が6才臼歯と呼ばれる永久歯です。

この歯は前歯と違って生え変らず、突然出てくる永久歯なので、乳歯と間違われやすいのですが、一生使う大事な歯です。 個人差はありますが、乳歯はおおむね3才までに20本の萌出を完了します。それ以降に出てくる歯は永久歯となります。 6才臼歯は次のように出てきます。

※注意:10才くらいにやっと生えてくる小学生もいらっしゃるので、遅くても心配はいりません。

乳歯の生えてくる目安表

乳歯の生えてくる目安表

ホワイトニング

訪問治療

レーザー治療

医療法人アイディー会 いりふね歯科

〒544-0033
大阪市生野区勝山北1-3-19
JR桃谷駅より徒歩1分 駐車場有り

詳しいアクセス方法
  • TEL:06-6741-8046
  • 【受付時間】
    月〜土:
    AM 9:30~13:00
     
    PM15:00~20:00
     木 :
    AM 9:30~13:00
  • 【休診日】
    日 ・祝・木曜午後
  • 土曜日もPM8:00まで診療しています
このページの先頭へ